しのさんの「ニホンミツバチ日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS 重い重箱の持ち上げ方

<<   作成日時 : 2017/07/21 18:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

連日の猛暑の中で蜂さんたちどうしてるのか、

ちょっと様子を窺ってきました。


万が一の継枠も考えて、一応準備だけはしておきました。


なんせ、この歳めいた爺です、


なんの工夫もなしでは、一人では継枠は無理ですから。





ところで、どうしたら楽に重箱が持ち上げられるか。


8チャンネルでいろんな意見が出ていました。



ホイストロープを使うとか持ち上げ機をつかうとか。



飼育群が少なければ道具を使うのもありですが、


半月に一度、2ケタの巣箱の継枠となると・・・・・・。



私もいろいろやりましたが、



やはりロープを取り付けるのがいいですね(^_-)-☆





ビスを打って、ロープをかけます。
画像






これだけで、二倍の力が入ります。


おまけに4点で支持するので安定性が抜群、


転倒させるリスクもかなり軽減されます。







猛暑にもかかわらず蜂さんは爆発していました。


さすがに花粉の持ち込みは少なかったですが・・・・。



巣箱内からスゴイ旋風音が聞こえてきます。

暑いのでしょう・・・・。



今日は未だ、継枠の必要はなかったのですが、


折角なので継いでおきました(^^;








画像



画像







これでちょっとは涼しくなったかな(^^;









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
屋根(天井板)の上に水を張った発泡スチロールの箱をお試しあれ。水が日に照らされない限り、湿度100%でない限り、天井からは空気温度よりも、確実に低い冷気が降下します。
サル彦
2017/07/21 20:57
サル彦さん、次に蜂場へ行くとき、早速実行します(^_-)-☆
しの
2017/07/22 08:23
今年は継箱が多いです〜、人力では難しくなったので道具を活用します〜(^^ゞ
さぬき
2017/07/22 08:41
さぬきさん、山猿式のパワーロープ、是非試してみてください。絶対に気に入ります(^_-)-☆
しの
2017/07/22 08:58
私も、巣箱の上に厚さ30mm発泡スチロールの箱を被せて見ました、其の回りに櫓を組んで寒冷紗(75%)を張りました。
継箱ですが、昨年までは早目の継箱で空間が出来れば涼しく成るだろうと実施して居ましたがその後に蜘蛛やゴキブリ、他の外敵の侵入が多々発生したので・・・・今年は継箱をギリギリまで待ってからして居ます。蜂さん達も自分達の巣箱の広さを考慮して営巣して居るのだから(蜂さん達は自ら広く出来ない)自然に任せてみました、結果は今の所全群が好調を維持して居ます。\(^o^)/OK!!
ヒロちゃん
2017/07/24 10:08
ヒロちゃん、巣箱内の空白は、出来る限り少ない方が蜂さんの活動には効率的だし外敵にも強いのでいいのですが、やり過ぎると継枠が大変なことになるので、今年は早め早めの継枠をしています(^^;
しの
2017/07/25 07:46

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク

重い重箱の持ち上げ方  しのさんの「ニホンミツバチ日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる