しのさんの「ニホンミツバチ日記」

アクセスカウンタ

zoom RSS グリーンカーテン撤去

<<   作成日時 : 2018/09/29 18:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

もうすぐ10月だというのにグリーンカーテンはないだろう、

と言うことで台風の前に撤去しました。


ゴーヤーもほどほど頂いたし、


ありがとうございました(*^-^*)




まだ暑いかな?
画像




根っこもたくさん採れました(^^;
画像
     朝鮮人参の代わりには・・・(^^;





いろいろ調べましたが


根については記述が少ないです・・・・・。



薬効はあるらしいのですが・・・・・。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大抵は陰干しで水分を飛ばし、ホワイトリカーに数カ月漬けて、チビリとおチョコ1杯くらい程度を1日に嗜むのだろうと、想像します。ゴーヤなので、砂糖の添加なしでは、激ニガで飲めないのではないかと思います。根の乾重1に対して、氷砂糖1、ホワイトリカー1くらいで、試してみると面白いかも。この比率、女貞子(トウネズミモチの実)を漬けるときのレシピ。
サル彦
2018/09/29 22:04
サル彦さん、またまた興味深いご提案を。これは、「やってみろ」、と言うことですよね(^^;
残念ながら根っこはすでに処分してしまいました(^^;
しの
2018/09/29 22:30
ツルニンジンのカーテンは?、スズメバチが訪花しますが根は健康食品〜(^^ゞ
さぬき
2018/09/30 05:25
さぬきさん、一石二鳥は大好きです(*^-^*)オオスズメバチも捕まらないし、そろそろ宗旨替えしようかな(^^;
しの
2018/09/30 18:32
ゴーヤーはネコブセンチュウの影響を受けたと思われ…
つばき
2018/10/02 19:40
つばきさん、どうしましょう、薬剤が高価すぎます"(-""-)"

ということで、試しに海水を大量に蒔いてみます(*^-^*)
しの
2018/10/02 20:07
伊勢湾台風により、約60日間海水に冠水した畑で、3種類のネコブ線虫が確認され、寄生性の低下も見られなかった、という報告があります。
線虫を抑制する方法として、米ぬかと堆肥(できればコーヒーかすやそば殻から作られた)を土とよく混ぜ合わせて土壌を改良する。もしくは線虫密度を低下させる緑肥(マリーゴールドやソルゴー等)を刻んですき込む。あるいは秋蒔きの緑肥(エンバク)を育てる。一番安上がりなのは、来年ゴーヤーを育てる時にマリーゴールドを混植する方法。来春の100均の種子にマリーゴールドがあれば1袋54円で済みます。そろそろ種子が採れる時期なので誰かから貰うとタダですね。
つばき
2018/10/02 22:52
つばきさん、ネコブ線虫,恐るべし(-"-)

精米はわが家でやってるので、ぬか床用の米ぬかがあります、コーヒー粕も(*^-^*)探したらマリーゴールドの種は大量にありました、去年のですが(^^;
来年楽しみにしてやってみます(*^-^*)
しの
2018/10/03 07:21

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク

グリーンカーテン撤去  しのさんの「ニホンミツバチ日記」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる