なんとか蜂浪人さんたちに朗報を(^^ゞ

4月の初めから始まった分蜂、

終末期に差し掛かっています・・・・、が、


まだまだ分蜂はあるはずです。

孫分蜂もありますし(^^ゞ


私の蜂飼いスタートは5月18日、

蜜蝋もなければ、もちろんキンリョウヘンもない、


まだ木の臭いの残った待ち箱へ入ってくれました。



諦めなければまだまだいけます。


探索バチはまだまだ来てるので・・・。





ということで、





第一蜂場、入っていました、たぶん昨日(^_-)-☆
画像
    なぜか一本だけ棒の入った25㎝です。





蜂場の待ち箱は4つ、


入居した待ち箱には

ほとんど探索バチが来ていませんでした。


想定外の入居です。



ほとんど陽が当らないのがよかったのかな、


毎日暑いので・・・・・。




庭の待ち箱には、毎日午前中、

2~3匹の探索バチがやってくるのですが、

なぜか午後にはやってきません。











この記事へのコメント

さぬき
2019年05月15日 19:41
先日の入居群は居間の南~、3月の分蜂群が選ぶ陽当りの良い場所でした~(^^ゞ
しの
2019年05月15日 21:22
さぬきさん、生き物のやってることを全て知ろうとしてはダメですね。傾向はあっても決まりなんてないのよね(^^ゞ
サル彦
2019年05月16日 07:56
入居する箱は、気温安定の場所。暑いところは、キンリョウヘンの匂いはよく拡散して、集まりはします。しかし、もし飛来して、入居しても、やがて逃去します。
しの
2019年05月16日 18:29
サル彦さん、巣箱を冷却して、産卵、育児の協力に努めます(^_-)-☆
第二蜂場の最強群ですが、年中日当たり抜群です(^^ゞ