テーマ:巣箱

皮算用(^^;

皮算用したら、完全に巣箱不足です(^^; 焦って、物置の奥から古い巣箱を持ち出しました(^^; 21㎝~27㎝まで、まとまりがありませんが、 今年は21.5×15、厚さ30主体でやってみようかと(^^; でも、これが重いのよ(^^; 久しぶりに陽の目を見ました(^^; …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

採蜜出来るかな

猛暑が去ったと思ったら今度は長雨・・・。 秋の採蜜が危うい。 蜜があろうがなかろうが、 出来れば採蜜したい、スムシ対策のためにも。 取り敢えず様子見に第二蜂場へ行ってみました。 唯一の期待は私の誕生日、5月19日入居の群です。 無理やり観察口を開けてみると・・・・、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またもや台風、直撃か?

台風20号、またもやわが家を狙ってる? 心配ないとは思うけど、 一応、日よけのすだれくらいは撤去しないと(^^; 第一蜂場を代表して。 第二蜂場も見回りを・・・・、 すぐ傍のヤブガラシ、今年はまだ咲きません(^^; …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水温は?

例?の水冷式巣箱ですが、 水温を計って来ました。 空中温度30度、   で、水温は? ということで、 水冷式は効果あり、 と言っていいですかね(^^; 天板に対しては、ですが(^^;
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

これが水冷巣箱です(^^;

これがご指摘の、 水冷巣箱です(*^-^*) 発泡スチロールの底に穴を開け・・・、 中に厚手のビニール袋、そして水を入れて・・・、 すだれをかけておきました(*^-^*) 太陽の直射さえ防げば 水温は気温よりは低いはず・・・・、 だとし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

全群、大爆発中でした(@_@)

朝から晴れるのは久し振り、 第二蜂場が気になって行ってみました。 ま、見たからと言ってどうってことは・・・・・、 ありました。 全5群、すべて大爆発していました。 越冬群は早急に採蜜するしかありません。 困ったことが・・・・、      巣箱の左右の外壁も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スノコの天板

巣箱内の暑さ対策は重要、 特に猛暑を予想される今年は。 猛暑対策に天板をスノコにするのもいいですね(*^-^*) でも、スノコを作ろうとすると大変、 だけどこれだと楽勝ですよ(*^-^*) 巣枠に合わせて板を適当に準備。 桐のスノコをばらして使いました。 まず、ト…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

湿気がすごいです(*^-^*)

梅雨入りしたばかりだというのに 巣箱内の湿気がすごいです。 強群は特に。 まあ、嬉しい悲鳴ですがなんとかせんと。 で、急いで底板を網戸化に。 探してみたら、普通の底板は腐るほどありました(^^; その底板をジグソーで切ればあっという間に出来上がりですね。 ジグ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

巣箱、リフォーム

スムシに侵された巣箱ですが、 捨てるのも惜しいのでリフォームしました(*^-^*) 巣落ち防止棒を抜いて・・・・、 ビスをすべて抜いて・・・・、 板を裏返してビス止めします(*^-^*) これでスムシの住み家は無くなりました(*^-^*) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横胴の修理

10年近く使ってきた、 と言っても実質飼育は〇年?(^^; ボロボロになってきたのでそろそろ修理です。 15ミリの杉板製です。 20ミリ板だとかなり長い間使えるのですが・・・・、 でもね、重い。重すぎて話になりません(^^; 今頃になって焦って巣箱の手入…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

巣落ち防止棒製作

さ~て、昨日までのことは終わったこと、 先の人生に活かせばいいだけのこと(*^^*) そうとして、 贈られた観察枠に巣落ち防止の棒を入れます・・・。 100キンでバルサ材を買ってきました。             すぐに使える角材もありますが、            同じ値段ならこっち…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

移動、失敗しました(>_<)

珍しく、朝からテンション低いです(-"-) 内緒にしておこうかとも思ったのですが・・・・・ 県西部の蜂友さんから、 「しのさんの群、キープしてるから引き取りにおいで~」、 なるお誘いがあり、昨日遠慮なく行ってきました。 午後7時半、外勤蜂の帰巣を待って、 距離にして片道50キロの距…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

巣箱 撤収

天気は良くても最高温度は7℃・・・・・。 寒いです。 今頃? そう思われるかもしれませんが、 逃去、消滅して空になっていた巣箱を 今年の分蜂に備えて撤収、 掃除して即設置です。            最初はきれいに積みこんでいたのですが終いには無造作に放り込んでしまい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

丸胴巣箱

みつばち一年目、 なかなか入居してもらえず、 (と言ってもキンリョウヘンもなければ、 蜜蝋さえもなかったのですから 当然と言えば当然なのですが) 丸胴の待ち受けを作ろうかと 頭の中でよくイメージしていました。 運よく5月18日になって入居してもらい、 おかげで実現しなか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

今日から師走 今年最後の作業?

今日から師走。 越冬準備の終えた蜂飼いさんたちは そろそろ冬眠かな~? 私も冬眠、そう行きたいところだが、 一番モチベーションの上がらない作業が残ってる(>_<) そう、逃去巣箱の大片付け・・・・。            これらは氷山の一…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スムシ巣箱 復活 

復活なんて言えるのかどうか(・・;) スムシにボロボロにされた巣箱ですが、 捨てるのも惜しい・・・・・。 今まではこんなになると廃棄処分していましたが、 何かしら勿体ない・・・・。 何とか復活を願って、 巣箱の内外を逆転して組み直しました。          …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

巣箱 材料

その役を終えて、 廃棄される寸前の共同募金箱、 11箱が手に入りました。 サイズは外寸で、 210×240×290、 板の厚さは15です。 そのままのサイズで、 2個繋いで横胴、 という手もあったのですが、 やはりリサイズして、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

巣箱、風通し

昼間は猛暑が続いているが、 それでも夜には虫の音が聞こえるようになった。 時折のにわか雨の後などは、 わずかな気温の低下のせいか、 育児再開も見られるのだが・・・・         裏に大きな通風孔が・・            白く見えるのは蜜蝋     …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

全群、網底

網底にすると、 ゴミが貯まらない、 そして涼しい。 でも、 オス蜂の巣蓋が落ちているのがわからない。 すなわち、働き蜂産卵=女王の不備が不明 いいことばかりではないです(^^ゞ            横胴の今。          2年がかりでシコシコと・・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

巣落ち防止棒

巣落ち防止を×で入れると、 後で棒が入っているのかどうか 分からなくなることがしょっちゅう(^^ゞ              少しだけ穴を開けて・・              テンションをかけてアーチ型に・・ ええで~(^O^) でも、かっこう付けるのはもうやめ。 外…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

巣箱の厚さ

理想の巣箱だが、 板の厚さは厚ければ厚いほどいい。         15ミリと30ミリ、こんなに違う(^.^) 何と言っても、外気温の影響を受けにくい。 暑さ、寒さから守ってくれる。 同じように、キンリョウヘンの鉢だが、 プラスチックよりも焼き物のほうがいい。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

手遅れか~?

越冬後も順調だった群だが、 様子を見たら、          いつのまにか分蜂したようです^_^; ガビーン(>_<) 蜂数、少なすぎ(^^ゞ 焦って巣板の整理をしましたが・・・・・ 復活できるのか~          角と言う角は・・・・   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

底板の網化 2

日が長くなったおかげで、 夕方の作業時間が増えた。 あと少しで、 全群の「網化」も終わる、かも(^^ゞ 今回はさらに雑に工作します。            ドリルで穴を開け・・・            ジグソーで適当に・・・            サンダーにペーパーを付け…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

巣箱作り パート?

巣枠作りは楽しい作業、 幾つかの巣枠を重ねた時、 少しのガタつきもなくピターとした時、 蜜蜂さんはいざ知らず、 作った本人は自己満足で(●^o^●)になります。 で~、意外と大変なのが直角を出すこと。 ジグやコーナークランプを使えば 誰でもうまく組み上がりますが、 切断…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

やはり巣箱作り

今年は巣箱はもう作るまい、 そう決めていたのに、 また杉板を買ってしまいました。 購入先はいつものジュン○ンドー。 15ミリ厚の杉板は、 HCではここだけにしかありません。 幅6寸、長さ2m、5枚1580円也。 資材フェアー開催店なら1480円。 一時、品切れ状態が続い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

巣門 2012年バージョン

なるべくシンプルで、 蜂さんが嫌がることなく、 それでいてオオスズメバチの脅威から守る、 そんな巣門ですが、 去年2群を試した結果、 今年の巣門はこれで行きます。 あくまで、「今年は」、です。 鋸で・・・・。横は糸のこです。  …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

点検口 違い

巣門だけの巣箱で飼育されている方も多いが、 「内検、給餌」となると、やはり点検口が欲しい。 点検口を、この形にする理由ですが、 簡単、かつ強度がある、 と言うことです。            この型は拡がりに弱~い            この方が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

巣門付き枠作り

確保も大事だけど、 飼育も大事。 今は一番大切な作業、 「継ぎ枠」をしたくても、 肝心な枠がありません。 で~、幅11センチの板が手元にあったので、 急きょ巣門枠を作ります。          自作のジグ、と言っても、          内径23しか切れない       …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

蜂友さんの遺した巣箱

おかげで、手元の巣箱が心もとなくなりました。 そろそろこの巣箱の出番です。 去年、90歳で逝かれた、 一緒にミツバチを始めた蜂友さんの作られた巣箱です。 最後の最後まで、 ご高齢、体調の悪さなどものともせず、 巣箱を自作されていました。 ご家族の方…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

巣落ち防止棒

昨日アップした、 後付けの巣落ち防止の棒ですが、 あまりにも記述が雑でしたm(__)m             千枚通しのようにしないで、             キリのように三角錐?に研ぎます。 こうしておけば、材質の柔らかい杉板なら、 手で揉み込んでやれば楽に反対側に刺さります。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more